見積もりの上手な取り方ってあるの?

眠っている毛皮をどうする?

家のクローゼットに毛皮製品が眠っているという人もいるでしょう。次々とトレンドの商品が出てくるので、前のものは奥にと行きがちです。そのような時には一度整理をしてみて、2・3年使っていないものは買取を考えてみてはいかがでしょうか。
まずは買取業者を探しましょう。インターネットやいろいろな雑紙、家に入っている広告やチラシなどで、買取を行っている業者さんをみつけることはそう難しいことではありません。そして、それらの中から毛皮製品の買取を専門に行っていたり、得意としているところ、今まで買取を行ったことがある業者さんを上手にみつけましょう。毛皮は高価なものもあります。しっかりと知識を持っていて、きちんと丁寧に扱ってくれるところをみつけることが大切です。

見積もりの上手は取り方とは

毛皮製品の買取をしっかりしてくれそうな業者さんをいくつかみつけたら、実際に電話をしてみたり、メールをやりとりしてみたりしましょう。その中で客に対する対応や毛皮製品についての知識がどれくらいあるか、などのことを確かめることができることもあります。そして、見積もりへと進めましょう。
見積もりをしてもらう前に、毛皮のクリーニングなどをきちんとしておき、きれいな状態にしておきましょう。そのようにしておくと査定士さんの目に留まりやすくなり、実際の買取価格と見積価格の差を縮めることに繋がりますし、スムーズでスピーディーな買取へと繋がります。また、その毛皮製品がどのようなブランドなのか、どのような状態なのか、どれくらいの枚数があるのか、などのことを自分でまとめておくと見積もりをしてもらうのに役立ちます。